黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]
関連記事

お気に入り絵本9 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

2015/06/03 10:10

今日ご紹介する お気に入り絵本はこちら・・・

2015052106483482b.jpg

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

この絵本は、2012年のブラジルのリオデジャネイロで国際会議が開かれた時の ウルグアイの大統領『ムヒカ大統領』の演説を意訳して子ども向けの表現に変えたものです。

国際会議の議題は『環境が悪化した地球の未来の方向性を考える』というものでした。
世界中から集まった各国の代表者は順番に意見を述べていき、最後のスピ−チが ムヒカ大統領でした。

この会議、世界の未来を左右するとても大事なものだったのにも関わらず、各国の首脳達の中には自分達の演説が終わるとさっさと帰ってしまう人がいたそうです。

演説の壇上に立ったムヒカ大統領の服装は、質素な背広にネクタイなしのシャツ姿だったそうです。
そう、彼は世界でいちばん貧しい大統領なんです。
給料の大半を貧しい人の為に寄付し、大統領の公邸には住まず、町から離れた農場で奥さんと暮らしています。
花や野菜を作り、運転手付きの立派な車に乗る代わりに 古びた愛車を自分で運転して、大統領の仕事に向かいます。

そんな大統領のスピーチが始まりましたが、会場の人たちはそれほど関心を抱いてはいないようでした。
しかし 演説が終わったとき、大きな拍手がわき起こったのです。

この絵本の中に、『人類の幸福とは何か?』大切なキーワードとなる格言が出てきます。

『貧乏とは少ししか持っていない事ではなく、
 無限に欲があり、
 いくらあっても満足しない事です』


是非皆さんも一度読んでみてください(^ー^)
スポンサーサイト
[編集]
関連記事

へん顔!!

2015/04/20 22:31

今日はこんな本をご紹介します。
こちら・・・

かお

『かおノート』

一体どんなノートだと思いますか??

こんなノートなのです。
20150416064411e2d.jpg


201504160644241d9.jpg

そうです。
パーツシールから顔のパーツを選んでこのノートに貼って楽しむ、というものです。
20150416064448b4e.jpg

世界に一つだけのへん顔が作れちゃいますよ〜♬

もう一つはこちら・・・

201504160645131d1.jpg

『おえかき美術館』

額の中に自由に絵を描いていくのです。


おえかきび

子供にプレゼントして、その子だけの美術館を完成させる!!
というのも面白いですし、これは大人でも楽しめちゃう♪

色んなアイデアの本があるんですね〜!!
[編集]
関連記事

子どもが育つ魔法の言葉

2015/04/16 13:06

先日 『子どもが育つ魔法の言葉』と言う本を友達から紹介してもらい 読んでみました。

ほん

その中で、とても感銘を受けたページがあったのでご紹介します。



けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

トゲトゲした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもをバカにすると、引っ込みじあんな子になる

親が他人をうらやんでばかりいると、子どもも人をうらやむようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない




誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛する事を学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合う事を教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直である事の大切さを学ぶ

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、優しい子に育つ

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいい所だと思えるようになる


親が気持ちにゆとりを持って、明るく朗らかに 愛する我が子と接していく事が大切なんですね・・・
[編集]
関連記事

お気に入り絵本8(しげちゃん)

2015/03/21 16:09

今日ご紹介する絵本はこちら…。

20150321125704790.jpg

『しげちゃん』

この絵本の主人公のしげちゃんはなんと、だれもがご存知!
女優『室井滋 むろいしげる』さんなんです。

室井滋さんの幼少期のお話が絵本になっています。

『室井滋』というのは芸名ではなく本名だそうです。
なぜ室井さんが芸名を名乗らなかったのか。
なぜ本名で女優業をしているのか。

この絵本で明らかになりますよ(^-^)/

一人一人名前があって、その名前の大切さが分かります。
子供にとって とても良い絵本でした♪

皆さんもお子さん、お孫さんに一冊いかがですかー?
[編集]
関連記事

お気に入り絵本7(がまの油)

2015/03/19 11:00

皆さんは、竿竹屋さんや焼き芋屋さん、豆腐屋さん、が家の前を通ったのを見たり聞いたりした事はありませんか?
例えば、竿竹屋さんは
『たぁけや〜、さお〜だけっ』
焼き芋屋さんは
『いぃ〜しやぁ〜きいもぉ〜 おいも〜 おいも〜 お芋だよ〜』
豆腐屋さんは
『とぉ〜ふぅ〜』
などなど・・・

これらを『物売りの口上』というそうです。

デパート等で、商品を説明しているおじさんを見かける事があります。
そのおじさんの話を聞いていると、例えば包丁のセールスなんかだと、聞いているうちに 本当にその包丁が世界一素晴らしいものに見えてくる!そのテンポの良い言い回しにもはまってしまい、最後はおじさんが天使に見えてくる・・・(笑)
「よし!かっちゃう!!」となってしまうんですよね♬

そのようなセールストークにハマり、この間私は『お鍋』を買っちゃいました。
でもその説明をしてくれたおじさんも好きになっちゃったんですよね〜(変な意味じゃないですよ)

ある本で、
『私たちはものを買う時に単純に商品の性能だけで買うわけではない。売る人の人柄で買う場合が意外に多い。気持ちの通わない人では、買う気にはならない。私たちは実は『心意気』を買っているのだ』
という一文を目にした事がある。

まさにそうだよなー!!と思う今日この頃なのであります。

前置きはこのくらいにして、今日ご紹介する絵本はこちら・・・

201503191042003ed.jpg

『がまの油』

がまの油売りの口上は、物売り口上の決定版です。
日本語の面白さをふんだんに交えてテンポよく話が進んで行きます。

読み聞かせをしていると、本当に面白くって私が物売りになったように威勢良く読んでしまうんです。
自分が江戸っ子になったみたい♬
「てやんでぃ!べらぼうめ!」て感じです(笑)

201503191042141c7.jpg

20150319104226376.jpg

我が家が大好きな長谷川義文さんの絵というのも良いんですよ♬
豪快でおもしろい!!

この絵本は楽しくってお勧めです♬
ただ一つ、寝る前に読むのは 目が覚めちゃうので危険です〜

今晩もブログアップします。良かったら見に来てくださいね〜

[編集]
関連記事


カスタムCSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。